深川図書館 コーヒーの香りに包まれた下町「清澄白河」にあるレトロな図書館




江戸の頃から、埋め立てで、土地をどんどん広げてきた深川。

 

その深川エリアで駅開業が最も遅かったのが「清澄白河」です。

 

2000年に大江戸線、2003年に半蔵門線延伸と、地下鉄の駅が開業しました。

 

 

その地下鉄から地上に出ると、今や観光地なみの人出でにぎわいます。

 

コーヒーとカフェの街 清澄白河

 

清澄白河は、2015年2月、カリフォルニア州・オークランド発「Blue Bottle Coffee(ブルー・ボトル・コーヒー)」の海外進出1号店「清澄白河ロースタリー&カフェ」がオープンして以来、珈琲の街として注目を浴びるようになりました。

 

ブルー・ボトルコーヒー海外1号店「清澄白河ロースタリー・カフェ」(筆者撮影)

 

創業者のジェームス・フリーマンが、自身の足で東京じゅうを歩きまわり様々な場所を見た中で、最もブルー・ボトル・コーヒーらしい空気があったのが清澄白河だったそうです。

 

静かで、道が広くて、建物が高くなくて、空気がゆったり流れている。

ちょっと歩けば、清澄庭園や現代美術館があって、門前仲町に囲まれている文化的な場所でもある。

もちろん建物そのものにもこだわりました。

焙煎工場とカフェを並列できる面積を有することも必要です。

 

 

実際に清澄白河を歩いてみると、その言葉の意味が本当によく分かります。

 

東京が世界に誇る日本庭園のひとつ「清澄庭園」をはじめ、公園もあり緑が多い。

高い建物がなく、空が広い。

下町情緒溢れる場所に、墓地やお堂や工場がある。

その中に、おしゃれなカフェや焙煎所が建ち並び、散策しているとふとコーヒーの香りが漂ってくる。

 

そして、それらがうまく共存していて、そこに暮らす人たちの気配や生活感をまったく失っていない暖かい空気があります。

 

ブルー・ボトル・コーヒーで注目された地域ですが、もともと焙煎工場やカフェが多く、コーヒーショップ以外にも、雑貨店やカフェが昔ながらの商店や食堂とうまく混在し、ほかの東京の人気スポットとは一線を画した静かで落ち着いた雰囲気があります。

 

ARiSE COFFEE ROASTERS(アライズ・コーヒー・ロースターズ)

 

青い屋根のこちらは、清澄白河の珈琲人気を牽引する焙煎珈琲店ARiSE COFFEE ROASTERS(アライズ・コーヒー・ロースターズ)

 

ARiSE COFFEE ROASTERS

 

こだわりの焙煎豆で挽いたハンドドリップ式の珈琲の香りは抜群で、この一帯をコーヒーの香りで包むのは、このお店で間違いないでしょう!

 

2号店にあたるARiSE COFFEE ENTANGLE(アライズコーヒーエンタングル)も清澄白河にあります。

 

こちらでは、珈琲とともに美味しいサンドイッチやプリンなどがいただけます。

 

おすすめは「ブラジルプヂン」という名のプリンだそうです。

 

ARiSE COFFEE ROASTERS(アライズ・コーヒー・ロースターズ)

住所:〒135-0023 東京都江東区平野1-13-8
TEL: 03-3643-3601
営業時間: 10:00〜18:00
定休日: 月曜日
ホームページ:https://arisecoffee.jp/

 

ARiSE COFFEE ENTANGLE(アライズコーヒーエンタングル)

住所:東京都江東区清澄3-1-3
TEL: 03-5875-8834
営業時間: 9:30ー18:00
定休日: 不定期
ホームページ:なし

 

fukadaso cafe(フカダソウ カフェ)

 

フカダソウ・カフェ(筆者撮影)

 

歴史を感じさせるレトロな外観が魅力のfukadaso cafe(フカダソウ・カフェ)も清澄白河の人気カフェのひとつです。

 

築50年のアパート兼倉庫だった「深田荘」を、壊さず、つくり込まず、手入れをすることで建物の持つ時間を受け継いできました。

 

そして、カフェfukadaso(フカダソウ)として生まれ変わります。

 

アンティーク家具が配された店内は落ち着いた雰囲気です。

 

fukadaso cafe

清澄白河駅から465m
営業:9:30~18:00 ランチ営業、日曜営業
定休日:月曜日

 

ブラブラと散策していると、カフェやパン屋などがいろいろなところに点在しているので、特に目的のカフェなどを決めてずに行くのもおすすめですよ。

 


緑と下町情緒あふれる 清澄白河

 

清澄白河は、緑豊かな「清澄公園」に「清澄庭園」があり、隅田川も流れ、江戸期以来の下町情緒と水辺の景色が楽しめる地域です。

 

緑陰の水面に歴史を映す 「清澄庭園」

 

まず、江戸から続く歴史、文化、自然を兼ね備えた東京都指定の文化財9庭園のひとつ「清澄庭園」。

 

江戸時代の豪商、紀伊国屋文左衛門の屋敷跡とされ、明治期に入ってから三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎によって整備された明治の代表的「回遊式林泉庭園」。

 

大正12年の関東大震災や昭和20年3月の大空襲のときには、避難場所として多くの命を救っています。

 

清澄庭園の涼亭(筆者撮影)

 

池に突き出るようにして建てられた数寄屋造りの建物は「涼亭」。

 

明治42年に国賓として来日した英国のキッチナー元帥(初代キッチナー伯爵ホレイショ・ハーバート・キッチナー)を迎えるために建てられたものだそう。

 

震災と戦火の被害から免れ、昭和60年に全面改築工事を行い、現在は集会所として利用できるそうです。

 

 

2〜3月には梅、4月にはソメイヨシノ、6月は紫陽花など、年間を通して綺麗な花が咲き、キジバトやシジュウカラ、アオサギ、ユリカモメなどの野鳥も多く生息しています。

 

「清澄白河」駅から直接「清澄庭園」に向かう場合、A3出口から出るのがもっとも近いです。

清澄庭園から見えるスカイツリー

清澄庭園からはスカイツリーもみえます。(筆者撮影)

 

清澄庭園

開園時間:9:00〜17:00(入園は16時まで)
休園日:年末年始(12/29〜1/1)
無料公開日:みどりの日(5/4)、都民の日(10/1)
入園料:一般150円、65歳以上70円 ほか
お問い合わせ:清澄庭園サービスセンター

 

緑豊かな「清澄公園」

 

清澄白河は、下町風情あふれる静かな街ですが、より心地良い静けさを求めるなら、清澄公園がおすすめです。

 

清澄公園入口(筆者撮影)

 

最近では、ブルー・ボトル・コーヒーでコーヒーや軽食をテイクアウトし、この清澄公園で過ごす人をよく見かけるようになりました。

 

清澄公園で桜を眺めながらランチをする人たち(筆者撮影)

 

緑豊かな芝生が広がり、陽射し和らぐ季節がもっともおすすめです。

 

「清澄庭園」に隣接していますが、無料の開放公園です。

 

そして、この公園を横切ると、目的地の深川図書館にたどり着きます。

 



 

レトロな雰囲気でたたずむ 深川図書館

 

深川図書館は、江東区立図書館のひとつであり、その歴史は明治42年東京市立図書館として設立されたことからはじまります。

 

その頃のデザインを一部そのまま引き継いでおり、注目すべきはステンドグラスが煌めく、螺旋階段。

 

大きな図書館ではないため、より一層この階段のレトロな美しさが引き立ちます。

 

ステンドグラス煌めく螺旋階段(筆者撮影)

 

また、所蔵している資料として珍しいものに、昔の街頭紙芝居があります。

 

この図書館の郷土資料室でぜひ、今いるその場所「清澄白河」について調べてみてください。

 

駅から公園を通らずに直接向かう場合でも、児童公園の中を通ることになります。

 

 

そのため、ほぼ四方を緑に囲まれるような形になっており、より静かで平和な雰囲気を感じます。

江東区立深川図書館
開館時間:9〜20時(日・祝は〜17時)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
Wi-Fi:なし
パソコン貸出、インターネット利用のできる設置パソコンの有無:なし
カフェ、レストランなど飲食スペース:なし

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA