通信制大学?司書講習? 最も安く「司書資格」を手に入れる方法




司書資格を取得するためにはいくつかの方法がありますが、今日は、最安値で司書資格を取得する方法について見ていきたいと思います。

 

「司書」資格とは?

 

「司書」についてはこちらに詳しく書きました。

 

▼「司書資格」についてはこちら

「司書資格」を取得するための基本情報

 

▼「図書館司書」の役割についてはこちら

「読書好き」より大切なこと 図書館司書に求められる適性とは?

 

今のところ、司書資格を取得するための方法は、2つあります。

  1. 在学している大学で「司書資格取得科目」を履修し、必要な単位を取得する
  2. 司書講習で全過程を修了する

 

1は、在学している大学に「司書資格取得課程」(おもに文学部)があれば、そこで必要単位を取得します。

 

その場合、大学卒業と同時に司書資格が与えられます。

 

通信制大学などで司書課程を設けている大学もあるので、そこで必要単位を取得するという方法もあります。

 

2の司書講習は、短大や高等専門学校などの卒業生も含め、大学に2年以上在学し62単位以上を修得している者が対象となります。

 

在学している大学に「司書資格取得課程」がない場合も、3年生以上で62単位以上を取得している学生が受講することができます。

 

また高卒の場合は、司書補講習を受講し、司書補として3年以上の勤務経験の後に司書講習を受講することができます

 

司書資格の条件を満たす前に講習を修了した場合(大学卒業前に司書講習を修了した場合・司書補としての経験が3年に満たないうちに司書講習を修了した場合)については、司書資格の条件を満たした時点(大学卒業時・司書補としての経験が3年になること)で資格取得が可能になります。

 

最も安く「司書資格」を手に入れる方法

 

このように、司書資格を取得するためには大学卒業(学士取得)が必須というわけではありません。

 

高卒であれば少し遠回りにはなりますがそれでも取得できるし、短大を卒業していれば、通信制大学や司書講習で取得できます。

 

ではその中で、最もお金をかけずに資格を取得するにはどういった方法で、どの機関で取得するのがいいのでしょうか。

 

みていきましょう。

 

通信制大学で司書資格

 

前述の通り、大学を卒業しなくても(学士の学位を持っていなくても)司書資格を取得することはできます。

 

ひとつの方法として、通信制大学の「司書資格取得課程」で必要単位を取得する方法があります。

 

その場合、同時に学士の学位を取得したいのか、司書資格だけでいいのか、2〜4年次編入出来るかなどそれぞれの条件によって必要な費用は変わってきます。

 

大学名(※1) 司書資格取得までにかかる費用
1年次入学 2年次編入 3年次編入 4年次編入 科目等履修
八洲学園大学 1,055,000円 569,000円~ 326,000円~ 252,000円~
聖徳大学 763,100円 425,100円
聖徳大学短期大学部 599,100円 244,000円
明星大学 882,000円~ 694,000円~ 516,000円~ 249,000円
法政大学 600,000円 480,000円 340,000円
玉川大学 837,200円 646,400円 454,100円 227,800円
帝京平成大学 414,000円 ~ 318,000円 ~ 222,000円 ~ 158,000円
近畿大学 510,000円~ 390,000円~ 270,000円~ 130,000円~
近畿大学短期大学部 270,000円~ 130,000円~
佛教大学 1,040,500円 855,000円 644,500円 199,500円
姫路大学

※1:すべての大学名から、「通信教育部」「通信教育過程」の名称を省略しています。

 

通信制大学の場合、上記以外に必要となる費用
  1. 教科書代
  2. スクーリング受講料
  3. スクーリングのための通学費、滞在費

 

通信制大学で司書資格を取得する場合の最安値

 

  • 正科生として1年次から入学する場合(高卒者など):帝京平成大学
  • 2年次編入(大学1年以上修了や見込み者など):帝京平成大学
  • 3年次編入(短大、専門学校卒業者など):帝京平成大学
  • 科目等履修:近畿大学、近畿大学短期大学部

 

以上のような結果になります。

ただし、スクーリングのための通学費、滞在費の負担が大きくなると思いますので、遠方の方はそれぞれ自分の状況を当てはめて計算してみてください

 

司書講習で司書資格

 

大学 受講選考検定料など 全科目受講料 部分科目受講料 教材費(※3) 合計(※4)
講義(1単位) 演習(1単位)
明治大学 3,500円 150,000円 11,000円 22,000円 約20,000円 173,500円
聖徳大学 3,500円 150,000円 11,000円 22,000円 1~20,000円 173,500円
鶴見大学 3,500円 145,000円 10,000円 20,000円 約20,000円 168,500円
富士大学 3,500円 115,000円 11,000円 22,000円 約20,000円 138,500円
愛知学院大学 3,000円 140,000円 10,000円 20,000円 約20,000円 163,000円
桃山学院大学 ※2 120,000円 7,000円 14,000円 約20,000円 122,000円
別府大学 ※2 120,000円 8,000円 16,000円 約20,000円 122,000円

※2:桃山学院大学と別府大学の検定料についての情報掲載がありません。
受講希望者が少なく、検定料がいらないのかもしれません。ご存知の方がいれば教えていただけると嬉しいです。

※3:教材費は非公開の大学もあります(明治、鶴見、富士、愛知学院)が、多く見積もって20,000円として計算しました。

※4:合計は、下記の条件のもと出した金額です。

  1. 全科目受講した場合
  2. 教材費は20,000円

 

司書講習の場合、上記以外に必要となる費用
  1. 受講のための通学費、滞在費
  2. 社会人などは2ヵ月仕事ができないことも考慮する必要

 

司書講習で司書資格を取得する場合の最安値

 

全科目受講する場合、桃山学院大学と別府大学の2校の122,000円が最安値となります。

2大学とも受講選考検定料が不明ですが、これが3,500円だったとしても最安値であることに変わりません。

ただし、スクーリングのための通学費、滞在費の負担が大きくなると思いますので、遠方の方はそれぞれ自分の状況を当てはめて計算してみてください

 

まとめ

通信制大学?司書講習? 最も安く「司書資格」を手に入れる方法

 

まとめ
  1. 授業料など明確な費用だけを考慮したら、通信制大学の場合帝京平成大学が格安
  2. 受講料など明確な費用だけを考慮したら、司書講習の場合桃山学院大学と別府大学が格安
  3. 司書講習で資格取得が最も割安
  4. ただし、いずれも交通費や滞在費の負担が大きいためその費用をそれぞれ加味する必要
  5. 司書講習は、2ヵ月の間フルタイムで仕事ができないことも考慮する必要
通信制大学も司書講習もお手軽に司書資格を取得できる方法ではありますが、いずれも様々な状況を加味する必要があり、同時にどれがお得とはいえない特徴も持ち合わせています。

 

それぞれの状況を合わせて考えてみてください。

 

ちなみにこの記事を書いているわたしの場合は、

明治大学の司書講習で取得しました。

当時Wワークをしていたので、フルタイムで勤務していた学術図書館には許可をもらい2ヵ月近く休暇をもらい、夕方からの仕事にはこれまで通り行っていました。

貯金はゼロだったので経済的な不安はありましたがなんとかできましたよ。

司書講習の場合、あとは体力勝負ですね!

2018年は副業元年 非正規図書館員の副業経験をすべて公開するよ

2018年12月12日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です