日本最大の図書館検索「カーリル」 目的の本を探す万能ツール




みなさん、図書館をうまく使いこなしていますか?

 

今日は、現役司書のわたしが、図書館をより効率的に活用するために便利なアプリを紹介します。

 

図書館といっても、地域によって置いてある本は様々です。

 

自分の読みたい本が最寄りの図書館にあるのかどうかを確認するとき、直接足を運んで探したり、それぞれの図書館のホームページでひとつずつ検索するのはとても時間がかかりますよね。

 

最近は、本の検索が簡単にできたり、読んだ本やこれから読みたい本の管理ができるような便利なサービスやアプリがたくさんリリースされています。

 

また、貸出状況や予約状況が確認できる機能もあるので、図書館を効率的に上手に使うことができるようになります。

 

また、これから紹介するアプリは、図書館と同じように無料で使用できます。

 

ぜひ、活用してみてくださいね。

 

日本最大の図書館検索サービス「カーリル」

 

図書館検索サイト「カーリル」は、全国6,800以上の図書館・図書室にある本の所蔵情報を、誰でも簡単に検索できるサービスです。

 

貸出状況がリアルタイムに分かるところもポイントです。

 

図書館は、それぞれが所蔵するすべての蔵書を各図書館のホームページで公開しています。

 

その中で不便なことは、各公共図書館の検索システムは、異なる都道府県や市町村区の本をまとめて検索することができない点です。

 

カーリルは、複数の図書館の蔵書をまとめて検索することができます。

 

その中には大学図書館なども含まれるので、近所の図書館と大学の図書館の所蔵状況をまとめて検索したい大学生などはとても便利です。

 

逆に言えば、自分がよく利用する図書館が1ヶ所しかなく、そこの所蔵状況だけが分かればよいというのであれば、その図書館のホームページで検索をするので十分です。

 

また、スマートフォン用のアプリもあり、連携サービスが豊富で非常に使いやすいのがカーリルの特徴です。

 



 

もっと便利な「カーリル」のサービス

 

全国の図書館の蔵書をまとめて検索することができる以外にも便利なサービスがあります。

 

いろいろな検索方法

 

本のタイトルや著者名以外にも、話題の本、作家、キーワードやカテゴリーといろいろな検索項目から本を探すことができます。

 

また、図書館設定をすれば、最寄りの図書館に目的の本があるのか、ないのか、貸出中か、予約中かを把握することもできます。

 

読みたい本、読んだ本のリストを作成

 

会員登録(無料)をすると、その本を読みたいリストや読んだリストを登録することができます。

 

個人的にはこのサービスがおすすめです。

 

なぜなら、図書館のシステム「OPAC」は、個人情報保護の観点から、図書館も利用する本人も過去の貸出情報や履歴が残せないシステムになっているため、借りた本の記録を残すことができません。

 

以前図書館で借りて読んだ本をまた借りたいけど、タイトルも著者名も思い出せない・・・なんて経験はありませんか?

わたしはしょっちゅうあります。

特に外国の小説など・・・・

 

そんな人は、カーリルで管理しておけば便利でしょう。

 

目的の本のレビューを見る

 

Amazonレビューと連動しているので、その本のレビューもみることができます。

 

本を借りる前に、その本の評価などを確認する習慣のある人におすすめです。

 

カーリルの利用手順

 

本の検索だけなら、ログインや無料登録をしなくてもできます。

 

より便利に使いたいなら、TwitterやFacebook、GoogleなどのIDでも登録ができるので簡単です。

 

最初に自分が利用できる図書館を登録しておきます。

 

図書館を選択して、読みたい本を検索してみると、キーワードに該当する本が一覧で表示され、登録した図書館にそれらの本が所蔵されているかすぐにわかります。

 

目当ての本が見つかった時、今すぐ予約したい場合は、表示された本の画像をタップして詳細ページに行き、「予約する」ボタンをタップすると、その図書館の予約処理ページに飛ぶので、すぐに予約することができます。

 

今すぐ予約するまでもないけど、そのうち読みたい本は「読みたい」ボタンを押すと、読みたいリストに登録され、読みたいリストページで、検索と同じように、現在の貸し出し状況が一覧で確認できます。

 

所蔵されていなくても、読みたいリストに登録することができるので、登録しておくと後々便利かもしれません。

 

また、Amazonと連携しているので、探したい本が最寄りの図書館になかった場合は、Amazonの商品ページに飛んでそのまま購入することもできますね。

 



 

まとめ

 

日本最大の図書館検索「カーリル」 目的の本を探す万能ツール

いかがでしたか?

まとめ
  • 全国6,800以上の図書館・図書室にある本の所蔵情報をまとめて簡単に検索できる
  • 話題の本、作家、キーワードやカテゴリーなど、いろいろな検索項目から本を探すことができる
  • 読みたいリストや読んだリストを登録することができる
  • 目的の本のAmazonレビューをみることができる
  •  最寄りの図書館になかった場合は、Amazonの商品ページに飛んでそのまま購入することができる

 

カーリルは、既存の図書館システムをそのまま踏襲しつつ、個人情報保護の問題などで自治体が手をつけられない部分にも踏み込んでおり、これまで手間がかかったことなどが簡単にできるようになりました。

 

痒いところに手が届く、万能なサービスです。

 

また、ポップなインターフェイスが親しみやすく、本の装幀やレビューを見ることもできるので、より直感的に利用ができる点もいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です