世界の司書養成プログラムをハックする シラキュース大学




海外の司書資格取得、または海外の図書館で就業希望の方はよかったら参考にしてください。

 

最近では、eラーニング(オンライン講座)を導入している大学も多く、日本にいながら受講することも可能になってきました。

 

常に最新情報を更新できるわけではありませんので、興味のある大学については、必ずご自身でもお調べください。

 

 

今回は、アメリカのシラキュース大学Syracuse University)についてです。

 

免責事項:これより先の投稿は、シラキュース大学の学生としての個人の経験によるものです。
われわれの意見は、他の学生、教職員、図書館員の意見を代表するものではありません。
すべての批判は建設的であることを意味します。

 

プログラムの概要

 

ALA認定(アメリカ図書館協会認定司書資格)
iSchool(iSchool Caucusの会員)
順位(ALA認定図書館情報学部のランキング)* 4位

*U.S.News & World Report 2013年

 

図書館関連のプログラムは、UWのInformation Schoolに設置されており「iSchool」と呼ばれています。

 

ALA(アメリカ図書館協会)認定 図書館情報学部まとめ

2019年8月20日

シラキュース大学(以下、SU)は、1870年創立で国際的に評価の高い総合大学です。

これまでに学んだ留学生の国籍は90カ国におよび、U.S. News & World Report誌の「Best Graduate Schools Rankings」で常に上位にランクされています。(最新2018年は、全国第4位)

中でも、図書館情報学を含む情報システムなどの専攻分野に定評があり、iSchoolは、学部の情報管理と技術専攻および図書館と情報科学を含む6つの修士プログラムの本拠地です。

また、図書館情報学を含む情報学部は、1970年代にその名称を「図書館学」から「図書館情報学」に変更した最初の図書館学校です。

 

図書館および情報科学プログラムは、キャンパスまたはオンラインで提供され、それぞれ2年または18か月で完了する必要があります。

 

キャンパス内およびオンラインオプションを備えた他のプログラムとは異なり、学期のスケジュールでキャンパス内クラスを提供し、四半期のスケジュールでオンラインクラスを提供しています。

 

カリキュラム

 

36単位のカリキュラムで構成されたLIS(Library Information Science)では、図書館および情報分野の実践に必要な幅広い知識とスキルを備えた司書を養成するように構成されています。

 

Ⅰ. 必須科目:コア知識とスキル

 

LISコアコースは、図書館と情報分野の専門家としての知識、スキル、およびその価値の強固な基礎が提供されています。

LISコアには3つの分野、19単位のクラスがあります。

 

入門クラス(4単位)
IST 511 Introduction to the Library and Information Profession 図書館および情報専門職 3単位
IST 601 Information and Information Environments 情報および情報環境 1単位
情報リソース分野(9単位)
IST 605 Reference and Information Literacy Services レファレンスおよび情報リテラシーサービス 3単位
IST 613 Library Planning, Marketing, and Assessment 図書館の計画、マーケティング、評価 3単位
IST 616 Information Resources: Organization and Access 情報リソース:組織とアクセス 3単位
管理およびポリシー分野(6単位)
IST 614 Management Principles for Information Professionals 情報専門家向けの管理原則 3単位
IST 618 Information Policy 情報ポリシー 3単位
IST 616 Information Resources: Organization and Access 情報リソース:組織とアクセス 3単位

SUのLIS学生に必要な6つのコースがあります。

NYS教育省には、意欲的なスクールメディアスペシャリストに関する特定のコースがあります。これらのコースには、614マイナスIST 661 –学校図書館の管理が含まれています。また、LIS-SMの選択科目は、卒業により認定要件を満たすために慎重にキュレーションされます。

これらの必須コースの一部はLISプログラム固有のものですが、多くは情報管理学位の要件と重複しています。その結果、多くのコースは学期ごとに複数のセクションで教えられ、 IM教授とLIS教授がいます。LISの教授は通常、プロジェクトと議論を図書館の世界に合わせて調整するため、これらのセクションを取ることが望ましい場合がよくあります。これらの必須コースの多くはプロジェクト中心であるため、ほとんどの学生はプログラムの時間の経過に応じてそれらを広げようとします。

典型的なコース負荷は、学期ごとに9単位(3クラス)で、学生が2学年でプログラムを完了することができるスケジュールです。ただし、学生が学期ごとに2つのコースを受講することは珍しくなく、これはまだフルタイムと見なされており、私のコホートでは、数人の学生が学期あたり4つのクラスを受講しています。

 

 



 

Ⅱ. 選択科目

 

SUの選択科目は広域であり、LISプログラムの学生はiSchoolの任意のコースを受講できます。さらに学生は、iSchool以外の専攻(数ある中でも、Arts&Sciences、ジャーナリズム、ビジュアル&パフォーミングアーツなど)または他の認定された図書館情報学プログラムで最大6単位を取得して編入できます。

一部の学生は、選択科目を利用してiSchoolのプログラムの1つである高度な研究の証明書を取得します。これには、一般的なデータサイエンス証明書(data science certificate)が含まれます。

学生は本能に従って好きなコースを選択することも可能ですが、教職員に助言を求めることで自分の目標に焦点を合わせるのがより一般的です。

また、学生は二重学位を取得する機会があります。最も一般的な組み合わせはLISとMuseum Studies(博物館学)です。

SUは多くの優れた選択コースを提供する学期もあれば、選択が少なすぎる学期もあるため、必要なコースをクリアしようとするのではなく、興味があると思われる選択科目を選択するのが最善です。

 

IST 502 New Directions in Academic Libraries 学術図書館の新しい方向性 1-3単位
IST 503 Proposal Writing for the Information Field 情報分野の提案書作成 1単位
IST 553 Information Architecture for Internet Services インターネットサービスの情報アーキテクチャ 3単位
IST 556 Mobile Network Services モバイルネットワークサービス 3単位
IST 558 Technologies in Web Content Management Webコンテンツ管理の技術 3単位
IST 564 Library & Information Services to Students with Disabilities 障害のある学生への図書館および情報サービス 3単位
IST 565 Data Mining データマイニング 3単位
IST 585 Knowledge Management ナレッジマネジメント 3単位
IST 604 Cataloging of Information Resources 情報リソースの目録作成 3単位
IST 606 Legal Information Resources and Services 法情報のリソースおよびサービス 3単位
IST 609 Biomedical Information Services and Sources 生物医学情報サービスおよびソース 3単位
IST 611 Information Technologies in Educational Organizations 教育機関の情報技術 3単位
IST 612 Youth Services in Libraries and Information Centers 図書館および情報センターの青少年サービス 3単位
IST 617 Motivational Aspects of Information Use 情報利用の動機付けの側面 3単位
IST 619 Applied Economics for Information Managers 情報管理者向けの応用経済学 3単位
IST 622 Introduction to Preservation of Cultural Heritage 文化遺産保存の概要 3単位
IST 624 Preservation of Library and Archival Collections 図書館およびアーカイブコレクションの保存 3単位
IST 625 Enterprise Risk Management 企業におけるリスクマネジメント 3単位
IST 626 Business Information Resources and Strategic Intelligence ビジネス情報のリソースと知的戦略 3単位
IST 628 Organization/Management of Archival Collections アーカイブコレクションの組織/管理 3単位
IST 631 Theory of Classification and Subject Representation 分類と主題の表現理論 3単位
IST 632 Management and Organization of Special Collections 特別コレクションの管理と組織 3単位
IST 635 Collection Development and Access コレクション開発およびアクセス 3単位
IST 637 Digital Information Retrieval Services デジタル情報検索サービス 3単位
IST 638 Indexing and Abstracting Systems and Services システムとサービスのインデックス作成と抽象化 3単位
IST 639 Enterprise Technologies エンタープライズテクノロジー 3単位
IST 641 User-Based Design ユーザーベースのデザイン 3単位
IST 642 Electronic Commerce 電子商取引 3単位
IST 645 Managing Information Systems Projects 情報システムプロジェクトの管理 3単位
IST 646 Storytelling for Information Professionals 情報プロフェッショナル向けのストーリーテリング 3単位
IST 649 Human Interaction with Computers コンピューターとの人間の相互作用 3単位
IST 653 Telecommunications and Enterprise Network Management I 電気通信および企業ネットワーク管理I 3単位
IST 656 Telecommunications and Enterprise Network Management II テレコミュニケーションおよびエンタープライズネットワーク管理II 3単位
IST 657 Basics of Information Retrieval Systems 情報検索システムの基礎 3単位
IST 659 Data Administration Concepts and Database Management データ管理の概念とデータベース管理 3単位
IST 661 Managing a School Library 学校図書館の管理 3単位
IST 662 Instructional Strategies and Techniques for Information Professionals 情報専門家向けの教育戦略とテクニック 3単位
IST 664 Natural Language Processing 自然言語処理 3単位
IST 667 Information Technology for Libraries and Information Centers 図書館および情報センター向けの情報技術 3単位
IST 668 Literacy Through School Libraries 学校図書館を通じた識字能力 3単位
IST 673 Strategic Planning in an Information-Based Organization 情報分野の組織での戦略的計画 3単位
IST 676 Foundations of Digital Data デジタルデータの基礎 1-3単位
IST 677 Creating, Managing, and Preserving Digital Assets デジタル資産の作成、管理、および保存 3単位
IST 679 Electronic Commerce Technologies 電子商取引テクノロジー 3単位
IST 685 Social Networks in Libraries 図書館のソーシャルネットワーク 3単位
IST 715 LAMS: Libraries, Archives, Museums LAMS:図書館、アーカイブ、美術館 3単位
IST 717 Advanced Library Management 高度な図書館マネジメント 3単位
IST 735 Copyright for Information Professionals 情報プロフェッショナルの著作権 3単位
IST 753 Telecommunications and Enterprise Network Management III テレコミュニケーションおよびエンタープライズネットワークマネジメントIII 3単位
IST 759 Planning and Designing Digital Library Services デジタル図書館サービスの計画と設計 3単位

 

 

 

Ⅲ. 修了要件(3単位)

 

LIS学位を取得するには、3単位のインターンシップまたは独立した研究( Independent Research)が必須です。

 

A.インターンシップ:(1~6単位)
IST 971 Internship in Information Studies 情報学のインターンシップ 1~6単位
インターンシップは、求められる知識の強度と深さの観点からで別のコースとして扱われています。ほとんどの学生は、図書館での実務経験がある場合でも、卒業要件のためにこのクラスを選択します。インターンシップは、3単位150時間の現場実習です。インターンシップは、シラキュースの地域さらには国際的にも行うことができます。学生はプロの司書または情報管理者の監督下にある必要がありますが、これは学生が経験の一部として非専門家と仕事をすることができないという意味ではありません。ほとんどのインターンシップには、いくつかの一般的なオリエンテーション、仕事の実践、そしてしばしば特別なプロジェクトが含まれます。各経験は異なり、学生は現場監督、教員であるインターンシップ監督者と協力してインターンシップ契約を作成します。インターンシップは有給でも無給でもかまいません。
B. Independent Readings and Research(研究論文):
図書館や情報センターですでに、かなりの専門的な仕事の経験を持っている学生は、インターンシップの代わりに研究論文として最高峰のプロジェクトを行うことを選択できます。学生のプログラムの12単位以下は、独立した学習またはインターンシップとみなすことができます。

 

実習・インターンなど

 

前述の修了要件にあるように、LISプログラムのすべての学生は、インターンシップ、または論文(ほとんどの学生がインターンを選択します)を修了する必要がありますが、実務経験のある人はこの要件を免除することができます。その場合、学生は追加の選択科目を完了するか、代替単位でそれらの単位を満たします。

また学生は、 「ヘレン・ベニング・レニエiSchool 大学院セミナー(Helen Benning Regnier iSchool Graduate Seminars)」の 1つに参加する必要があります。これは、iSchoolの学生向けの1日集中セミナーおよびアクティビティです。これらは通常、学年度中に少なくとも1回、夏に1回提供され、トピックについては事前に発表されます。セミナーは「イマージョン履修単位」に取って代わるもので、オンライン学生はシラキュースに行けない場合でも選択できますが、受講料を支払う必要があります(現在の価格は150ドル)。

シラキュース地域には、学術図書館や公共図書館でのインターンシップの機会がたくさんありますが、学生は他の場所で職を探すことも奨励されています。学生は単位のためにインターンシップに参加し、そこで報酬を得ることができますが、地元の機会の多くは無償です。ほとんどの学生は、プログラムの1年目と2年目の間の夏にインターンシップを修了します。

これは、インターンシップに登録する前に、最低18単位を取得する必要があるためです。

 

学生生活について

 

財政援助・奨学金

 

シラキュースは民間の機関であるため、授業料は安くありません。

ただし、多くの学生は連邦政府の財政援助に加えて、iSchoolから何らかの奨学金を受けています。

LISの学生は多くの奨学金を受給できますが、その中には追加の申請が必要なものとそうでないものがあります。

奨学金と資金提供の追加の機会は、年間を通して学生リストサーブに送られます。

SUには、財政援助カウンセラーがいます。

すべての学生に、学生生活の財政的な部分についての問題を助けてくれる「財政援助と奨学金プログラムオフィス」のメンバーが割り当てられます。

 

図書館アルバイトの機会

 

SUはキャンパスに複数の図書館がある巨大な大学であり、年度の初めには、多くの図書館で働く機会が与えられます。

 

また、一般的な求人サイトにも、SUスペシャルコレクション&アーカイヴ、近くの病院の図書館および地域の公共図書館などの求人が見られます。

iSchoolの学生は、教員の研究支援からデータ入力など教員アシスタントの職種に応募する機会もあります。

 

プログラムの全員が「図書館の世界」で仕事をしているわけではありませんが、確かに奨励されており、listservは頻繁に機会を提供しています。

仮に、そういった仕事がなくても、ほとんどのクラスに組み込まれたフィールドワークから多くの実地体験を得ることができます。

 

関連する補足説明として、学生のフィードバックに応えて、SU Librariesは2019年から情報リテラシー学者プログラムを提供します。これは、授業料の支払いと図書館での有給雇用を組み合わせたものです。

 

課外活動

 

図書館情報学学生協会である LISSAは、キャンパス内の主要なLISクラブであり、米国図書館協会および特別図書館協会の学生支部として機能しています。彼らはプロのイベントや社交的なイベントを主催し、毎週行われる会議は遠隔地の学生向けにライブストリーミングされます。

 

課外活動のその他の一般的なオプションには、iSpaceブログであるInfoSpaceの執筆が含まれます。iSchool、iSchoolグラジュエイトオーガニゼーションへの参加。ただし、LISの学生はSUの学生組織に参加できます。LISバブル以外のSUで他の学生に会う機会があります。

 

 

周辺環境

 

大学はメインキャンパスと南キャンパスに分かれており、大半の学部はメインキャンパスにあり南キャンパスは学生寮で占めています。

 

メインキャンパスは北キャンパスとも呼ばれ、ニューヨーク州立大学と大学病院が隣接しています。各スクールの建物や学生寮、チャペルなどがあります。5万人を収容できる巨大なドームでは、スポーツをはじめさまざまなイベントが催されます。

シェラトンホテルやゴルフ場もあり、小高い丘の上にあるため伝統的な大学の雰囲気があります。

各建物に囲まれた広場は”The Quad”と呼ばれ、学生の憩いの場となっており、“Hall of Language”は大学のシンボル的建物です。

 

また、キャンパスのあるシラキュース市には劇場や美術館もあり、周りは山や湖に囲まれています。

 

学生用のレストランや雑貨店はマーシャル・ストリート周辺に集中しており、寿司、中華料理、ピザ、メキシカン、タイ料理など国際色豊かな食事が楽しめます。

 

 

大学の強みと弱み

 

シラキュース大学で図書館情報学を学ぶメリットとデメリットなど。

 

大学の強み・おすすめポイント

 

シラキュースは、LISおよびスクールメディアプログラムの卒業生に対して非常に高い就職率を誇っています。

卒業生のネットワークはシラキュース地域だけでなく、全国的に関与しています。

2017年のクラスの卒業生配置率は95%でした(回答率92%に基づく)。

 

SUのLISプログラムの学生は、さまざまな立場の人がいます。キャリアチェンジを目的にする社会人、学部を卒業したばかりの学生など。

このプログラムは学外のさまざまな取り組みにも非常に対応しており、教員とプログラムマネージャーは学生を手厚く支援してくれます。

 

iSchoolであることも重要なポイントですし、在学中にどのような司書になりたいか目標が定まらない場合でも、SUの選択科目の多様性がそれを柔軟に解決に導いてくれる場所です。

 

大学の弱み・デメリット

 

SUのLISプログラムはレベルの高さを誇るからこそ、他の情報管理プログラムやiSchoolのプログラムと真剣に戦わなければなりません。

特に、キャリアサービスオフィスは、LISの学生にプログラミングとサービスに関してより学習する機会を増やすよう取り組んでいますが、多くの学生は、他のプログラムでiSchoolの学生とのつながりを失っていると感じています。

オンラインと通学のLISコースは異なるスケジュールで提供されるため、コースを混在させることも困難です。iSchoolまたは連邦政府の財政援助から奨学金を受けるほとんどの学生は、授業の少なくとも50%を「ホームスケジュール」で受講する必要があります。それを維持しない場合、援助を失う可能性があります。たとえば、キャンパス内の学生からオンラインの学生に切り替えることは可能ですが、請願が必要です。

財政援助および奨学金があってもなお、シラキュースはLIS学位取得のために高価な選択となります。

あなたが図書館の経験を積む機会があまりない場所から来ているなら、豊富な図書館がある地域に移動する必要があるかもしれません。より高額な授業料は、仕事の経験との価値ある投資になる可能性があるかどうか、コストを慎重に検討する必要はあると感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です