世界の司書養成プログラムをハックする ハワイ大学マノア校




海外の司書資格取得、または海外の図書館で就業希望の方はよかったら参考にしてください。

 

最近では、eラーニング(オンライン講座)を導入している大学も多く、日本にいながら受講することも可能になってきました。

 

常に最新情報を更新できるわけではありませんので、興味のある大学については、必ずご自身でもお調べください。

 

 

今回は、アメリカのハワイ大学マノア校University of Hawaii at Manoa)についてです。

 

免責事項:これより先の投稿は、ハワイ大学マノア校の学生としての個人の経験によるものです。
われわれの意見は、他の学生、教職員、図書館員の意見を代表するものではありません。
すべての批判は建設的であることを意味します。

 

プログラムの概要

 

ハワイ大学マノア校(以下、UH Mānoa)は、1907年創立のハワイ州ホノルルに本部を置くアメリカ合衆国の州立大学です。

 

 

U.S. News & World Report誌の「Best Graduate Schools Rankings」の最新2018年では、全国第27位に位置付けられています。

 

図書館情報学については、「自然科学部情報・コンピュータ科学図書館情報学プログラム」として設置されています。

 

カリキュラム

 

UH Mānoaは、一般の図書館情報学と学校図書館司書のスペシャリスト(ハワイ州で、この別個のライセンスを取得したい認定教師向け)の 2つのトラックを提供しています。

 

一般的な図書館情報学には、学術、専門および公共図書館司書の資格とアーカイブ学の証明書が取得できます。

 

修了(修士号取得)には合計39単位が必要です。

 

6つのコアコース(18単位)、入学/終了セミナーシーケンス(3単位)、および6つの承認された選択科目(18単位)で構成されています。

 

Ⅰ. 必須科目:コア知識とスキル

 

コアクラスは次のとおりです。

 

下記の6つのカテゴリの学生学習成果(SLO)から、それぞれ少なくとも1つのコースを受講する必要があります。

SLO1 LIS601のレファレンスおよび情報サービスの概要は全員必須ということになります。

 

SLO1 サービス:情報サービスの設計、提供、評価
LIS 601 Introduction to Reference and Information Services レファレンスおよび情報サービスの概要 3単位
SLO2 職業:歴史と倫理を適用しプロフェッショナルなLISアイデンティティを確立する
LIS 610 Foundations of the Information Professions 情報専門職の基礎 3単位
LIS 657 Archival Ethics and Profession アーカイブの倫理と職業 3単位
SLO3 リソース:情報リソースの作成、整理、管理、発掘
LIS 602 Resource Discovery リソースの発見 3単位
LIS 605 Metadata Creation for Information Organization 情報組織のメタデータ作成 3単位
LIS 615 Collection Management コレクション管理 3単位
LIS 645 Asian Research Materials and Methods アジアの研究資料とその方法 3単位
LIS 651 Archival Arrangement and Description アーカイブの配置と説明 3単位
SLO4 テクノロジー:情報技術の評価と適用
LIS 661 Informatics 情報学 3単位
LIS 665 Digital Instruction デジタル教育 3単位
LIS 672 Technology for Libraries and Information Centers 図書館および情報センターのための技術 3単位
SLO5 文化:先住民の文化や多様なコミュニティの情報ニーズと展望に関する知識を分析、適用
LIS 630 Community Engagement 社会貢献 3単位
LIS 631 Introduction to Hawaiʻi and Pacific Librarianship ハワイおよび太平洋地域の司書職の地位 3単位
LIS 634 Multicultural Resources for Diverse User Groups 多様なユーザー向けの多文化リソース 3単位
LIS 662 Asian Informatics アジアの情報学 3単位
SLO6 管理:情報組織内で効果的に管理および作業するために必要なスキル
LIS 614 Navigating Information Organizations 情報組織のナビゲート 3単位
LIS 650 Management of Libraries and Information Centers 図書館および情報センターの管理 3単位
LIS 658 Archival and Special Collections Management アーカイブおよび特別コレクションの管理 3単位

 

 



 

Ⅱ. 選択科目

 

選択科目で、管理および高度な技術のクラスを受講する必要があります。

 

学生は、7つの専門分野を選択し(必須ではなく、自分が将来どういった専門性の司書になりたいかを想像し)、より専門性を身につけるようにプログラムを設計することが推奨されます。

 

1.アカデミック/スペシャルライブラリアンシップ

 

学術図書館や専門図書館の司書になりたい場合

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎
SLO3:LIS 602 リソースの発掘、LIS 605メタデータの作成または、LIS 615コレクションの管理
SLO4:LIS 665 デジタル教育または、LIS 672図書館および情報センターの技術
SLO5:LIS 630 コミュニティエンゲージメント、LIS 631ハワイおよび太平洋地域の司書職の地位、LIS 634多文化資源、LIS 662アジアの情報学
SLO6:LIS 650 図書館および情報センターの管理

 

推奨される選択科目

 

LIS 611 Intellectual Freedom 知的自由
LIS 612 History of Information 情報の歴史
LIS 619 Preservation Management 保存管理
LIS 620 Conservation of Library & Archival Materials 図書館およびアーカイブ資料の保存
LIS 641 Digital Librarianship デジタル図書館員
LIS 645 Asian Research Materials & Methods アジア研究資料および方法
LIS 646 Advanced Cataloging 高度な目録作成
LIS 648 Government Documents 政府文書
LIS 661 Informatics 情報学
LIS 662 Asian Informatics アジア情報学
LIS 674 Database Design and Creation データベース設計と作成
LIS 676 Creating Digital Libraries デジタルライブラリの作成
LIS 677 Human Dimension in Info Systems 情報システムにおける人間の次元
LIS 686 Info Literacy and Learning Resources 情報リテラシーと学習リソース

 

2.アーカイブ

 

アーキビストを目指したり、各図書館でアーカイブ業務に従事したい場合

※米国アーキビスト協会によって義務付けられた学習コースを修了する学生に対しては、アーカイブ認定が提供されます。

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 654 アーカイブの倫理と職業
SLO3:LIS 651 アーカイブの配置と説明
SLO4:LIS 672 図書館および情報センターの技術
SLO5:LIS 630 コミュニティエンゲージメント、LIS 631 ハワイおよび太平洋の紹介司書職、LIS 634 多文化資源
SLO6:LIS 658 アーカイブおよび特別コレクション管理

 

推奨される選択科目:
LIS 602 Resource Discovery リソースディスカバリー
LIS 612 History of Information 情報の歴史
LIS 615 Collection Management コレクション管理
LIS 619 Preservation Management 保存管理
LIS 620 Conservation of Library & Archival Materials ライブラリおよびアーカイブ資料の保存
LIS 655 Digital Archives デジタルアーカイブ
LIS 656 Moving Image Archives 動画アーカイブ
LIS 657 Records Management レコード管理
LIS 676 Creating Digital Libraries デジタルライブラリの作成

 

3.アジア研究司書職

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

 

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎
SLO3:LIS 645 アジアの研究資料と方法
SLO4:LIS 665 図書館および情報センター向けのデジタル教育またはLIS 672技術
SLO5:LIS 662 アジア情報学
SLO6:LIS 650 図書館と情報センターの管理

 

推奨される選択科目

 

LIS 602 Resource Discovery リソースディスカバリー
LIS 605 Metadata Creation メタデータ作成
LIS 615 Collection Management コレクション管理
LIS 619 Preservation Management 保存管理
LIS 620 Conservation of Library & Archival Materials ライブラリおよびアーカイブ資料の保存
LIS 646 Advanced Cataloging 高度なカタログ作成
LIS 661 Informatics 情報学
EALL 603 Bibliographical and Research Methods 書誌および研究方法
KOR 621 Media Research in Korean 韓国でのメディア研究
K623 623 Interdisciplinary Research in Korean 韓国での学際研究

 

4.文化/コミュニティ

 

各図書館で、図書館史などの文系分野に明るい司書を目指す場合など

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎
SLO3:LIS 602リソースの発見、LIS 605メタデータの作成、LIS 615コレクション管理またはLIS 645アジア研究資料および方法
SLO4:LIS 661インフォマティクスまたはLIS 672図書館および情報センター向けテクノロジー
SLO5:LIS 630コミュニティエンゲージメント、LIS 631ハワイおよび太平洋司書の紹介、LIS 634多文化リソースまたはLIS 662アジア情報学
SLO6:LIS 614情報組織またはLIS 650のナビゲーション図書館および情報センターの管理

 

推奨される選択科目
LIS 633 Indigenous Librarianship 先住民の司書職
LIS 635 Traditional Literature & Oral Narration 伝統文学と口頭ナレーション
LIS 676 Creating Digital Libraries デジタルライブラリの作成
AMST 620 Indigenous Identity 先住民のアイデンティティ
COM 643 Intercultural Communication 異文化間コミュニケーション
HIST 678 Hawaiian Historical Research ハワイの歴史的研究
HWST 601 Indigenous Research Methods 先住民の研究方法
HWST 602 Hawaiian Archival Research ハワイのアーカイブ研究
ICS 669 Social Computing ソーシャルコンピューティング

 

 

5.情報学

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎

SLO3:LIS 602リソースの発見またはLIS 605メタデータの作成
SLO4:LIS 661インフォマティクス
SLO5:LIS 630コミュニティエンゲージメント、LIS 631ハワイの紹介Pacific Librarianship、LIS 634 Multicultural Resources、またはLIS 662 Asian Informatics
SLO6:LIS 614情報組織のナビゲート、またはLIS 650図書館および情報センターの管理

 

推奨される選択科目:

 

LIS 665 Digital Instruction デジタル教育
LIS 672 Technology for Libraries and Info Centers ライブラリおよび情報センター向けテクノロジー
LIS 674 Database Design and Creation データベースの設計と作成
LIS 676 Creating Digital Libraries デジタルライブラリの作成
LIS 677 Human Dimension in Info Systems 情報システムにおける人間の次元
LIS 686 Info Literacy and Learning Resources 情報リテラシーと学習リソース
CIS 705 Data Science Foundations データサイエンスの基礎
COM 633 Info and Communication Tech 情報通信Tech
COM 634 Social Media ソーシャルメディア
ICS 614 Medical Informatics I メディカルインフォマティクスI
ICS 616 Info Architecture and Web Design 情報アーキテクチャとWebデザイン
ICS 622 Network Science ネットワークサイエンス
ICS 668 Social Informatics ソーシャル情報学
ICS 669 Social Computing ソーシャルコンピューティング

 

 

6.公立図書館員

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎
SLO3:LIS 605メタデータ作成またはLIS 615コレクション管理
SLO4:LIS 665図書館および情報センター向けデジタル命令またはLIS 672
SLO5:LIS 630コミュニティエンゲージメント、LIS 631ハワイおよび太平洋図書館司書またはLIS 634多文化資源
入門SLO6:LIS 614情報組織のナビゲートまたはLIS 650図書館および情報センターの管理

 

推奨される選択科目

 

LIS 611 Intellectual Freedom 知的自由
LIS 612 History of Information 情報の歴史
LIS 633 Indigenous Librarianship 先住民の図書館活動
LIS 635 Traditional Literature & Oral Narration 伝統文学と口頭ナレーション
LIS 681 Books & Media for Children 子供向けの本とメディア
LIS 682 Books & Media for Young Adults 青少年向けの本とメディア
LIS 683 Services in Public Libraries 公共図書館でのサービス
LIS 686 Info Literacy & Learning Resources 情報リテラシーと学習リソース

 

7.学校図書館メディア

 

このコースには、学校図書館メディアスペシャリストとしてハワイ教育省の免許取得に必要なコースが含まれます。

現在、以下のコースは、対応する各コースに対して推奨されていますが、推奨事項は進化し、変化します。必要な学期にコースが提供されない場合は、適切な代替手段を見つけるためにあなたと協力します。 すべての経路で、関連するインターンシップ(LIS 690)および特別トピック(LIS 693/694)コース、およびコア要件に適用されない推奨コアコースオプションも選択科目として推奨されます。

注:太字のコース番号はSLMライセンスに必要であり、他のコースに置き換えることはできません。

 

推奨される必須科目(上記の必須科目より)

SLO1:LIS 601 レファレンスおよび情報サービスの概要
SLO2:LIS 610 情報専門職の基礎
SLO3:LIS 602 リソースの発見、LIS 605 メタデータの作成またはLIS 615 コレクションの管理
SLO4:LIS 665 デジタル教育またはLIS 672 図書館および情報センターのテクノロジー
SLO5:LIS 630 コミュニティエンゲージメントまたはLIS 634 多文化リソース
SLO6:LIS 650 図書館および情報センターの管理

 

推奨される選択科目
LIS 611 Intellectual Freedom 知的自由
LIS 635 Traditional Literature & Oral Narration 伝統文学および口頭ナレーション
LIS 681 Books & Media for Children 子ども向けの書籍とメディア
LIS 682 Books & Media for Young Adults 青少年向けの書籍とメディア
LIS 683 Services in Public Libraries 公共図書館でのサービス
LIS 686 Information Literacy & Learning Resources 情報リテラシーと学習リソース
LIS 696 Practicum for School Librarianship 学校図書館員のための実習

 

参照:Professional Pathways [University of Hawaii at Manoa Library and Information Science Program]

 

Ⅲ. 修了要件(3単位)

 

最後に、卒業するために

  1. 論文
  2. 1時間の口述試験

いずれかの選択が必須です。

 

学生生活について

 

財政援助・奨学金

 

州立大学として、ハワイ州居住者と非居住者の授業料がありますが、後者は恐ろしいものです。

 

しかし、「UH Office of Graduate Education」は、LISプログラムに2017-2018年度の非居住者向け授業料免除賞を一部授与しました。

これらにより、非居住者は居住者料金を支払うことができます。

4月1日の入学期限前に必ず申請してください。

 

日本からの留学生は、日本人を対象とする「皇太子明仁親王奨学金」があります。

 

学生団体

 

  • ALA学生支部
  • LISダイバーシティカウンシル
  • 大学院生組織
  • フイドイ
  • ナ・ハワイ・イミ・ロア
  • SAA学生支部
  • 特別図書館協会学生支部

 

周辺環境

 

「多様性」という言葉は最近の流行語ですが、ここハワイの生活において、それは基本的な現実です。

少数民族としての生活を経験したことがない場合、または他の国や文化で育った友人を作ったことがない場合、ハワイで数年間過ごすことは絶好の機会です。

 

恒久的な移転を提案しているわけではありません。

しかし、ハワイ大学に参加することは、MLIScを取得する際に視野を広げ、異なることを試す絶好のチャンスです。

 

大学の強みと弱み

 

ハワイ大学マノア校で図書館情報学を学ぶメリットとデメリットなど。

 

大学の強み・おすすめポイント

 

さまざまな分野の専門知識を備えた本当に素晴らしい教員がそろっていること。

さらに、その教員が75人程度の小規模プログラムでひとりひとりにきめ細かい指導をしてくれることは大きな強みです。

柔軟なカリキュラムは、選択科目、インターンシップ、独立した研究、論文などを通じて、主に自分の興味に合わせて調整できます。

 

大学の弱み・デメリット

 

大学案内またオープンキャンパスなどでは教えてもらえないこと、まさに経験から言えることを警告しておきます。

 

ほとんど必須科目である「LIS 601レファレンスおよび情報サービスの概要」はとんでもない量の作業です。

だからこそ、事前に警告しておきます。

逆に言えば、それはまた素晴らしい経験にもなります。

大きな達成感を得られるでしょう。

 

ホノルルの交通の便と駐車場の整備はひどいものですが、自転車に乗るためによい環境です。

しかし、キャンパス内でなぜか自転車の盗難が多いです。厳重なロックが必要です。

 

さいごに

 

ハワイと言ったら、多くの人にとって年末年始休暇の目的地であったり、将来の永住地としての夢の場所かもしれませんが、図書館学の修士号を取得する場所として考えてみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です