愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【ブックカフェ編】




コーヒーと文学は何世紀も前から親密な関係にあり、ロンドンの歴史的なカフェは、啓蒙時代から1700年代初頭の印刷媒体のはじまりにまでさかのぼります。

 

日本の喫茶店とおなじように、ロンドンでも伝統的なコーヒーショップはほとんどなくなりましたが、ロンドンの書店の多くはカフェを併設しており、客にリラックスできる空間と本のブラウジング体験を提供しています。

 

愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【図書館編】

2019年11月29日

 

ロンドンで訪れるのに最適なブックカフェは次のとおりです。

 

ロンドンの図書館併設カフェ

 

本屋にカフェが併設したようないわゆる「ブックカフェ」だけではなく、図書館にカフェが併設したところもありますね。

 

V&A国立美術館

 

「愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【図書館編】」の最後に紹介したV&A(ヴィクトリア&アルバート)美術館図書館。

 

実は、ここの美術館の最も人気スポットがカフェです。

 

 

大英図書館の書店

 

こちらも、「愛読家と図書館愛好家のためのロンドンガイド【図書館編】」で紹介した図書館。

 

図書館の広々としたエントランスホールにコーヒー・バー(Origin Coffe Bar)に隣接するように書店があります。

オリジン・コーヒー・バーには、エスプレッソやフィルターコーヒーなど定番のコーヒーのほか、ドーナツやペストリー、ケーキなどを取り揃えています。

書店には本、雑誌、文房具、おみやげにもおすすめのトートバッグなどを販売しています。

 

 

ロンドンのおすすめブックカフェ

 

 

 

ロンドン旅行のハブ 「The Cafe at Foyles」

 

イギリスの大型チェーン書店「Foyles」。

チャリングクロスにある6階建ての旗艦店の5階にある人気のカフェです。

本店はソーホーにあります。

質の高い料理とコーヒーを提供していますが、やや高額です。

スペースは、なめらかな木製家具とスタイリッシュな吊り下げ電球で整えられています。

200,000冊以上の本を取り揃えたこのカフェは、最新の文学作品を購入したり無料のWi-Fiを利用できます。

 

Phlox Books

 

クラフトビールと小説をお楽しみください

 

ロンドンでフランス文化を堪能?! 「Caravanserail」

 

もしあなたの旅行プランに、このあとフランスが含まれているなら、ロンドンのこちらのカフェで一度ゆっくり過ごしませんか?

 

 

本にも旅を・・・「Halcyon Books」

 

古い本をリサイクルしてください

 

伝統的な英国のブックカフェ 「The London Review Cake Shop」

 

伝統的な英国のブックカフェを体現した「ロンドン・レビュー・ケーキショップ」は、ロンドンで長く失われた文学的な喫茶店を思い起こさせます。

 

©️London Review Book Shop

 

店内に一歩踏み入れると、居心地の良いインテリアの壁を囲む厳選された本を注意深く眺めたい気持ちにさせられるでしょう。

 

ケーキショップは地元の人に人気があります。

豊富で洗練されたティーメニューまたは煎れたてのフィルターコーヒーを豊富なケーキと本と一緒に楽しめます。

おもしろいイベントを度々開催しており、伝統的なロンドン体験をお探しの方は見逃せません。

 

「Paper and Cup」

 

赤煉瓦の建物に、白と青を基調にした可愛らしくておしゃれなカフェ。


This photo of Paper and Cup is courtesy of TripAdvisor

 

このカフェは、長期失職者の復職や、薬物中毒などから更生しようとする人たちをサポートする地元チャリティー・グループが運営しています。

 

おいしいコーヒーとスイーツに友人との交流、古本を手に入れるのに最適な場所です。

 

壁一面の本はどれでも閲覧自由で、飲み物を片手に読書を楽しめます。

もちろん、気に入れば購入も可能です。

 

 

料理と文学を味わいましょう 「Books for Cooks」

 

その名のとおり、料理本の専門店です。

新進の料理家から有名なシェフまで、あらゆるレベルの料理人の好みを満たしています。

赤を基調にした可愛い外観から中に入ると、本棚が並ぶ明るい壁の後ろに、控えめながらエレガントなキッチンがあります。

 

 

ランチタイムには温かいペストリーやコーヒーを提供しています。

ノッティング・ヒルのポートベロー・ロードのすぐそばにあり、本や食べ物が好きな人にとって必見の名所です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です